• CD
  • LP
  • コンサートマネジメント
  • CD制作
  • コンサート案内
  • 今月の特集

HOME  >  CD  >  詳細情報

CD

ポーランドの弦楽合奏〜室内楽とオーケストラの間で〜

タイトル ポーランドの弦楽合奏〜室内楽とオーケストラの間で〜
編 成 独唱・重唱(小)
時 代 混在
作曲家 チャイコフスキー、プッチーニ、その他
演奏家 ヤン・ヤクプ・ボクン指揮 アンサンブル・インテルカメラータ(ヴロツワフ室内合奏団)、マルツィン・ブロニコフスキ(バリトン)、アレクサンドラ・ルポチィンスカ(チェンバロ)、ラドスワフ・プヤネク(ヴァイオリン)
商品番号 JBR015
規 格 CD
価 格 2800円(本体)

アルバム紹介

引き締まった音作りから、しなやかに流れ出す歌心ーー「東」の洗練は、曲を選ばない。

曲目及び作曲家、演奏者詳細

      【歌詞日本語訳付】
      
      ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー(1840〜1893)
      1) 弦楽合奏のための「悲歌」(1884)〜イヴァン・サマーリンに捧ぐ
      
      ミェチスワフ・カルウォヴィチ(1876〜1909)
      (編曲:J.ズヴァリチ&M.ムルス)
       2) ぼくは忘れない
       3) 一番星が輝く空のほう
       4) 新しい春が来れば
       5) 穏やかな、暗い海のほうへ
       6) 話しつづけて、もう少し
       7) なにより美しい歌の数々を
       8) どこまでも、どこまでも続く海で
       9) 絶望
      10) わたしの魂は嘆いています
      
      
      
      ジャコモ・プッチーニ(1858〜1924)
      11) 弦楽合奏のための「菊」
      
      タウデシ・バイルト(1928〜1981)
      恋愛にまつわる四つの十四行詩〜バリトン、弦楽5部とチェンバロのための
      12) ソネット第23番
      13) ソネット第91番
      14) ソネット第56番
      15) ソネット第97番
      
      イリヤ・ゼリェンカ(1932〜2007)
      16)ムジカ・スロヴァカ(スロヴァキアの音楽)〜ヴァイオリンと弦楽合奏のための
      
      ミロスワフ・ゴンシェニェチ(1954〜)
      17)オスティナート
      
      ハビエル・アルバレス(1956〜)
      18)地下鉄チャバカノ駅
      
      ヤン・ヤクプ・ボクン指揮 アンサンブル・インテルカメラータ(ヴロツワフ室内合奏団)
      マルツィン・ブロニコフスキ(バリトン)
      アレクサンドラ・ルポチィンスカ(チェンバロ)
      ラドスワフ・プヤネク(ヴァイオリン)

検索条件に戻る

HOMECDLPコンサートマネジメントCD制作コンサート案内今月の特集会社概要お問い合わせサイトマップENGLISH

Copyright(C) Mercury Co.,Ltd. All rights reserved.