• CD
  • LP
  • コンサートマネジメント
  • CD制作
  • コンサート案内
  • 今月の特集

HOME  >  CD  >  詳細情報

CD

ル・ポエム・アルモニークのフランス逍遥 〜恋の歌・小唄・憂愁のとき〜

タイトル ル・ポエム・アルモニークのフランス逍遥 〜恋の歌・小唄・憂愁のとき〜
編 成 混在
時 代 混在
作曲家 者不詳の俗謡・伝統歌、ダニエル・ブレル
演奏家 ヴァンサン・デュメストル総指揮 ル・ポエム・アルモニーク(古楽器使用)
商品番号 Alpha822
規 格 3CD
価 格 4800円(本体)

アルバム紹介

口伝えで何十年、何百年と歌い継がれてきた伝統音楽を取り上げた二つのアルバムと、ヴィオラ・ダ・ガンバの合奏のために書かれた現代の新作集のアルバムと、三つのアルバムのディスクをひとつのBOXに。音楽史研究の世界に閉じこもらない「開かれた古楽」のかぎりない広がりと魅力。

曲目及び作曲家、演奏者詳細

      CD1(Alpha500)
      1.狼や狐が騒いでいた
      2.ルノー王
      3.ペルネットは起きる
      4.いとしい人よ
      5.ロレーヌを通っていると
      6.若い娘が
      7.ルイ王の娘
      8.8月31日に
      9.宮廷の階段に
      10.目ざめよ、眠れる美女
      11.王は太鼓をたたかせる
      12.娘はもってる、盾9つ
      13.マンドランの哀歌
      14.サルミリョーク
            
      CD2(Alpha509)
      ダニエル・ブレル(1950〜)
      1.冷たい太陽
      2.夜と月
      3.パレード
      4.哀しい歌
      5.四つの道
      6.すべりゆく小舟ひとつ
      7.小さなワルツ
      8.筆致
      9.星たちのなかの眼
      10.こだま
      11.永遠の青春
      12.オマージュ
      13.まなざしの中に
      14.かもめ
      15.一皮むけば
      16.子守唄
      
      CD3(Alpha513)
      1.馬どもを水飲み場につれてゆく途中
      --ル・アーヴル周辺の口承の歌。ジョゼフ・カントルーブが収集(1951)
      2.ジャン・ブティは踊るよ
      --18世紀初頭前後から知られる民衆歌。別名「モールの坊さん」
      3.ラ・ルイソン
      --レツ地方起源と推察される口承の歌
      オリヴィエ・デュリフとジャン=フランソワ・ヴロドがオーヴェルニュ地方で収集
      4.裏切りの尼僧
      --A・ミリアンとJ=G.ベナヴェールが収集(1844)
      5.ペロネルを見たかい
      --G.バリとA.ジュヴェール「15世紀の歌さまざま」(1875)などに所収、
      15世紀以降、多くの歌本に掲載された歌
      6.無敵のマールブロウ(マルブルーク)、その死と埋葬
      --18世紀の歌本に起源があるとされる歌。歌詞はデキュメルサン(1860)による
      7.恋わずらい
      --シャルル=アンリ・リブテ(1708-40)が、ベルゴレージからの借用により作曲
      (かつてはジャン=ジャック・ルソー作として知られていた)
      8.ブレー
      --ベリー地方の伝承曲。フレデリク・ショパンが収集
      9.白い雌鹿
      --1841年に収集され、G.ドンシューとJ.ティエルソの
      「フランスの民衆ロマンセロ」(1904)に所収
      10.兄弟三人あったとさ
      --オクシタン語圏中央部、北イタリアのビエモンテ地方などに流布している口承の歌
      11.ああ、もう聞いてよママ
      --1740年以降、たびたび出版されている田園風の歌。モーツァルトの「きらきら星変奏曲」
      をはじめ、18世紀後半に無数に書かれた鍵盤変奏曲のひとつ、ジョゼフ・ボノーによる
      クラヴザンのための24の変奏曲(1777)を参照しつつ編曲
      12.タンブラン
      --ミシェル・コレット「うるわしの老女」(1783)所収
      13.歌を聴きたい人はいるかね
      --P.コロワー「歌選集」(18世紀後半)、「プロヴァンスの調べ」(1745-49)他所収
      別名「哀しき結婚」。歌詞は「哀しき結婚」に基づき、M.ロミュがオック語で創作
      14.ラ・フェルスタンベール
      --1769〜89年頃の手稿譜にもとづき O.エドゥアールが即興演奏
      15.愛のよろこび
      --J=P.クラリス・ド・フロリアンによる歌詞
      音楽はジャン=ポール・エジド・マルタン(通称マルティーニ)作曲(18世紀後半)

検索条件に戻る

HOMECDLPコンサートマネジメントCD制作コンサート案内今月の特集会社概要お問い合わせサイトマップENGLISH

Copyright(C) Mercury Co.,Ltd. All rights reserved.