カタログ詳細

  1. ホーム
  2. 商品詳細

1497年、オケゲムの死 ~ルネサンス多声芸術、古今の巨匠たち~

タイトル 1497年、オケゲムの死 ~ルネサンス多声芸術、古今の巨匠たち~
演奏 アントワーヌ・ゲルベル指揮 ディアボルス・イン・ムジカ(古楽声楽集団)
規格 CD
規格詳細 1CD
商品番号 MAECD1226
価格 2900
購入数量
在庫
価格(税別) 2,900円
アルバムのご紹介
オケゲムの死をテーマに、当時の多声音楽の歴史を概観。Alpha、AEONレーベルでポリフォニーの名盤を刻んできたディアボルス・イン・ムジカによるフランドル楽派の至芸を美しい極小編成のア・カペラで。
収録曲・作曲家・演奏者
アントワーヌ・ビュノワ(1430頃~1492)ジョスカン・デプレ(1450/55~1521)
ピエール・ド・ラ・リュー(1452~1518)ヤーコプ・オブレヒト(1457/58頃~1505)
ヨハンネス・ルプス(1518~1530頃活躍)

ラ・リュー
1)  悲しみ、もだえ、叫び
オブレヒト
  ミサ・シクト・ローザ・スピナム(「このとおり、薔薇は棘に」の調べによるミサ曲)
2) キリエ
3) グローリア
4) クレード
5) サンクトゥス
6) アニュス・デイ
ジョスカン
7) 森の妖精たちよ
ビュノワ
8) 水のオルガンというものが
ルプス  
9) このとおり、静まり返ってしまったのか

ディアボルス・イン・ムジカ(古楽声楽集団)
 メゾソプラノ
   アクセル・ベルナージュ、マリー・プシュロン
 アルト
   フレデリク・ベトゥ、アンドレス・ロハス=ウレゴ
 テノール
   ラファエル・ブーレー、オリヴィエ・ジェルモン、ユーグ・プリマール、ブラニスラフ・ラキツ
 バス
   フィリップ・ロシュ、エマニュエル・ヴィストルキ
総指揮:アントワーヌ・ゲルベール
PAGE TOP