お知らせNews

2018.02.09
2月末発売予定アルバム掲載のお知らせ

表題のアルバム6点の情報掲載とご予約受付を開始しました。


2018.02.06
発売順延11タイトルを販売開始しました

昨年末から昨月にかけて商品の未着で発売日が延びていました11タイトルが発売となりました。TOPページ上部表示などよりご購入いただけます。


2018.01.30
発売情報

パーヴォ・ヤルヴィのショスタコーヴィチはじめ、1月31日発売予定のタイトルの取り扱いを開始しました。

ARCODIVA(UPで始まる)の商品は、2月下旬に延期となりましたご了承ください。


2018.01.25
2月17日発売予定新譜掲載のお知らせ

表題の8タイトル掲載を開始しました。

ご予約はお問い合わせフォームよりどうぞ。


2018.01.16
1/15発売予定商品の規格・価格訂正のお知らせ

フッペルツ:『メトロポリス』のための音楽(PC10365)の表記が1CD、2,900円となっていましたが、正しくは2CDBOX、3,700円となります。

訂正の上お詫びいたします。

 


新着情報New Arrival

いろいろコラムColumn

2017.12.27
砂の町


地下鉄南砂町駅に降り立った時のことです。

小さな男の子がお母さんに「南砂町って言うのに砂がないよね?」と話しかけているのが聞こえました。

 

子供の発想っておもしろいですね。駅の名前から色々な想像をするのです。

お母さんも笑って「何でだろうね~」と返して、とても微笑ましい光景でした。

 

 

ところでかく言う私も、実は何でこういう駅名(地名)なのだろう?と思ってはいたのです。

しかしおじさんは子供のように素直に言葉にできませんし、たずねる相手もいませんので自分の心の中にしまっていました。

 

そこでこれを機会にちょっと調べてみたのですが、簡単にいうと南砂町のエリアは砂村新左衛門一族によって開拓されており、もともとは砂村という名前だったそうです。

 

砂がたくさんある南の町とかそういう意味ではなさそうですね。

ちなみに、現在は北砂、南砂、新砂、東砂という住所があります。

 

おじさんは砂と聞くとどうしてもビールと砂肝を連想してしまうのですが、地名の由来を調べていくとおもしろいですね。子供の純真さに心洗われました。

 

緑山蔵央

PAGE TOP